起業のキーワード「体験する」

今までの経験や資格を生かして独立する人も、初めての業種にチャレンジする人も、お客様視点(お金を払ってくれるのはお客様だから)を持って多くの同業他社の商品・サービスを体験して欲しいのです。

たとえば、ケーキなら食べてみる!、エステなら受けてみる!、バックなら使ってみて、なんなら分解してみる。

周りの友人に聞くという方法もありますが、体験する事に意味があると思うのです。

感動したり、悔しかったり、私の方がいいとか負けたとか・・・これは聞く事では得られません。

体験するから、心に落ち、行動する原動力にもなります。

接客やレイアウト、演出、お礼のメール、見送り方、靴の並べ方、ラッピングの仕方などなど、たくさんの発見もあるでしょう。

この体験を生かした商品・サービスは、他にはマネ出来ないもの!貴女のオリジナル!になるのではないでしょうか。

また、多くの体験を重ねると、貴女の商品・サービスの特徴もハッキリしてきます。

そして、貴女の商品・サービスが今、世の中のどの位置にあるのか、ターゲット設定は適切かも再検討してみませんか。

      

                インキュベーションマネージャー  小関 ひろ子

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ナオナ (金曜日, 20 6月 2014 08:32)

    大事ですよね。体験♪
    常に勉強して、反省して、吸収したいです(^^)v

  • #2

    ogłoszenia erotyczne (水曜日, 01 11月 2017 00:57)

    przyżeglować

  • #3

    wróżby online (土曜日, 18 11月 2017 02:18)

    Niemyjski

ウーマノミクスプロジェクトin春日部

◆お問合せはこちらのメールフォームからお願いいたします